I0X1m0mKaFHBmTg1381060099_1381060108

1: ハイイロネコ(やわらか銀行) 2013/05/12 07:30:26 ID:rWZkiLmMP

ドライヤーの「COOL」とは

ドライヤーはお風呂上がりの必需品。髪の毛をしっかり乾かさないと、髪が傷むのはもちろん、翌朝の寝ぐせもひどくなっ てしまいます。しかし、「COOL」という機能が付いているのはどうしてでしょう? 髪を乾かすだけなら、温風だけで十分な はず。そこで、ヘアーサロンさつまの店長・大田裕之さんに、お話を伺ってみました。
ドライヤーの熱をあて続けては駄目!

――ドライヤーはどのように使うのが良いのでしょうか?
「髪の毛を乾かすときには、できるだけ強い温風で、短時間で乾かすのがポイントです。あまり長時間ぬれた状態で放置し
てしまうと、髪や頭皮に悪影響を及ぼします。

だからと言って、強い熱を髪に長時間あててしまうと、髪の毛を傷める可能性があります。髪が長い人や毛量が多い人の場
合は、どうしても温風をあてる時間が長くなってしまいますので、途中で冷風を使ってクールダウンしてあげるのも良いと
思います」
冷風も使って髪をセット

――COOL機能の上手な使い方を教えてください。
「ドライヤーを使って髪の毛をセットする人は多いと思います。実は、髪にクセがつくのは、一度温めた髪の毛が冷えると
きなのです。

例えば髪の根元を立ち上げたいときには、まず根元に温風をあててセットし、その後に冷風をあてて髪の毛を冷やすと、しっ
かりクセをつけることができます。




ネタ元 ttp://www.logsoku.com/r/news/1368311426/ 【ドライヤーの「COOL」みんな使ってるかい? ( ̄ー ̄)シランガナ】の続きを読む